ごろごろトレーダー

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

強い者が正しい世界

相場でも結局のところテクニカルが正義ではなくて、
強い者が正しいのであります

強い者が上に行かせたいと思えば、それが正しい
強い者が下に行かせたいと思えば、それが正しい

弱い者はそれに従うしかないのです

正しいテクニカルを用いれば勝てると思っています
しかし相場でも、力を持っている者、強い者が自分の都合のいい方に動かして儲けるためにやっているのです
自然科学的な見方をして、正しさを追求しても勝てません

ところが日本人と言うのは勘違いをしています
正しいことが正義だと思っています
だから、
「話し合いで解決しよう」
などという寝言を平気で言います

核兵器を持っている者が丸腰の者と対等に話し合って、何かメリットがあるでしょうか??
「言うことを聞かないんだったら、核兵器をぶち込むぞぉぉ!」
話し合いなどする必要もなく、自らの正しさや正当性を証明することもなく、この一言で事足りるのですから、あえて面倒くさい話し合いなどする必要がありません

それが道徳的に正しいとは言いません
しかし、世界とはそんなところなのです
我々日本人の精神性からすると、かなり遅れている未開としか言いようがないわけですが、それが今の世界なのですから仕方ないのです

かつて日本は西欧諸国に植民地にされてしまったアジアの近隣諸国を、西欧諸国から助け出し独立させようと尽力しました
そして西欧諸国にいじめられて石油を止められて戦争になりました
ところが、正しいはずの日本は残念ながらその戦争に負けてしまったわけです

そして戦勝国東京裁判でことごとく日本を悪者に仕立て上げました
植民地解放がいつの間にか侵略したということになってしまいました
勝った方からすると、自分たちの正当性を主張するためにも日本を悪者にする必要がありました
戦後処理としては100歩譲って勝者の理論としては、それはそれで仕方がなかったことだと認めざるを得ません
そして、日本の戦力を削ぎ、日本を無力化して自分たちの脅威にならないようにと、都合のいい憲法を制定しました
これが現在の憲法です

そしてGHQのウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムによって「我々日本人は戦争犯罪者である」という教育をされてきたのです
3S政策というのもあったそうです
(セックス、スポーツ、スクリーンに国民の関心を向けて政治に無関心になるように)

これが我々日本人が現在ありがたがっている平和憲法の正体です
・・・・いや、だから放棄して制定し直そうというのではありません

しかし、戦後70年以上経って、周辺諸国の状況が大きく変わっている中で、この丸腰憲法のままで本当にいいのか?という疑問を持つような根底からの議論が必要になっていることは確かだと思います

極端に言うと首都の上空を敵国の爆撃機が飛んでも何も出来ないのです
遺憾の意しかね・・・・
最近の北朝鮮のミサイル発射に対しても「断固として抗議した」とか「強い口調で抗議した」とか言ってますが、北京ルート、つまり中国に頼んでFAXを送っているだけらしいです
アホか!?って話です

このような成り立ちの憲法を見直さなければならないというのは至極当然のことです
アメリカに言わせると「えっ!?お前らまだあのままの憲法なわけ??」っと逆に驚いていると思います
11月にトランプ大統領が来日されますが、ぜひともこの一言を日本人に向けて発言していただけないものでしょうか
「オマエラ、マジカ!?」みたいな・・・・

正しいことをしていれば認められる。。。。。
残念ながらこれは日本国内でしか通用しません

FXをするということは、世界で戦っているということです
そこに正しさは通用しません
強い者が正しい世界ですから

国防出来るように憲法を改正するだけではなくて、戦争も出来るように改正して、本当は日本が世界の警察になるべきだと思いますけどねぇ・・・・
ま、そこまではハードルが高すぎますかね

憲法を改正すると平和が損なわれると、本当は武力革命を目指している左翼がまことしやかに言う
リベラルだなんて言葉は使わないで欲しいなぁ
赤いヘルメットをかぶっている武力革命家のみなさん
さぞかし中国に攻めて来てもらって政府を転覆させてその隙に武力革命をしたいんでしょう
枝〇さん、ヘルメット似合いませんよ・・・・(笑)
彼らのやりたいことは「安倍政権を倒す」ことではなく「日本を転覆すること」ではないでしょうか
民主党政権の時にどれだけ国益を損ねたことか・・・やっぱりね~