ごろごろトレーダー

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

初夢トレード~実戦テスト中

月に100~200pipsオーバー取れてしまう、しかもマーチンではないので余裕でデカいロットが出せる初夢に見たトレードを実戦テストしています

が・・・・

全然よくない!
今週から沖縄のトレードルームに来て、いつまでもデモでやっているわけにもいかず、実戦配備をしたわけですが・・・

そもそも今月に入ってのデモトレードも全然よくなかったのです
ですから、最初は10万通貨くらいでテスト売買するつもりだったのが、1万通貨でやっとります(笑)
まぁ~別にどうでもいいようなロットですので。。。。いいですけどねぇ

やっぱり負けるのは気分が悪い!!

統計ではマイナスになりようがないはずなんだけどなぁ
昨日なんか4連敗よ・・・・トホホホ

サインが確定した次の足で入っているので、統計と実戦が違うはずもない、裁量の余地はほぼないはずなんですよねぇ~
それでも実戦はマイナスになっとります

ポンドでやってるんですけど、最近のポンドはロンドンで動きが少なくて、ロンドンfixから動き出すような感じになっているのが合わないのか?
それとも年初だからやる気がないのか?

まぁ1万通貨ごときでプラスになるまでやったるで~~

      f:id:sofatrader:20180118165508j:plain
しかしマイナスってツライもんなんだな~~(笑)
やってて嫌になって来てますね
自己嫌悪、自己否定しないように注意しましょう
「それでもワタシは素晴らしい!」っと自分に言い聞かせるのですよ!
それが自分が選択すると言うことです
状況に流されずに、自分で選択をするということです
その権利を取り戻すというのが、前回の記事ですけど・・・あんまり響かなかったみたいね~

成功するための最大の障害とは?

ベランダで自家製サンドを食べていたら、強風で上のパンが飛んで行ったー!
というのは誇大表現で、飛びそうになりました

なに?
そんな話はどうでもいい?
トレードで成功する方法を書けと?

言っておきますがねぇ、あたしゃ、アンタに好かれるためにブログを書いてるんじゃないんですよ
自分に言い聞かせてる部分もあるし、思索の記録という意味もあるのであって、別にアンタに媚を売るつもりはないね。。。。。

はい!
これが今日のお題です!(笑)
まぁ本音です

とは言うものの、誰もポチッとしてくれないとやる気を失うわけでして、いつもポチッとしてくださるかた、ありがとうございます
心よりお礼を申し上げます

。。。。と言う気持ちはやっぱりあるわけです

成功するための最大の障害とは
人に好かれたい
という思いです

お金が欲しいだとか、痩せたいだとか、金持ちだと思われたいだとか・・・・
全ての根源はこの「人に好かれたい」という思いに端を発しています
モテたいもそうですね

さて、ではどうすれば人に好かれるのでしょうか?
結論から言うと、そんな無茶は早いこと諦めることです!(笑)

他人がアナタのことを好きかどうかは、他人が決めることで、アナタが頑張って他人の思いに影響を与えようという無駄な努力に人生を費やすのをやめるべきです

アドラー心理学でも・・・ドラマで香里奈さんが言ってましたね
「それはワタシの課題ではありません」
ってやつです
他人が自分をどう思うかは、自分の考える問題ではないと

なに!?
まだ『嫌われる勇気』を読んでいない?
引き寄せの本とかはどんどん新しいのが出て、手法も最新のものの方が効果があるように思えてきますが・・・・まぁ所詮はその程度のものですが、
『嫌われる勇気』はもう古い本と言ってもいいかも知れませんが、全然いいですよ~

さて、ではなぜ「人に好かれたい」と言う思いが成功の最大の障害となるのか!?
それは・・・・
他人に主導権を与えているからです
自分の選択はそこにはありません

つまり「人に好かれよう」と思って、一生懸命にやっているにもかかわらず、結果は他人任せであるということになります
これじゃあ、お金持ちになる、成功するのも他人任せということになってしまうわけです

つまり、
好き嫌いを自分で選択していない
というところから、
成功か失敗か
金持ちか貧乏か
までも自分で選択していないということです
そういう癖がついていると言うことです

ではどう考えればいいのかと言うと、
他人に好かれるかどうかは別にしておいて、ひとまずは、
自分好きな人を選択すればいい
と言うことになります
好かれるのを待つのではなく、自分で好きな人を選択するのです

ただ、ここには恐怖体験があります
「好きだ」と選択した相手から「オマエなんて嫌いだ」と言われた経験が誰にでもあるはずです
これが何度か続くと、自分で選択する勇気がなくなってしまいます
また、もうひとつの弊害は・・・やはり親のしつけです
「いい子にしていないと嫌われる」
「いい子にしていると好かれる」
こういう安易なしつけで、子供を目先コントロールしようとして、わたしたちは深手を負ってしまっています

ここでわたしたちは、その子供の時点まで遡って選択権を自分に取り戻さなくてはなりません

好きか嫌いかは自分で決める!
相手が決めることではない!
・・・・もちろん、好きという選択をして嫌われたら諦めないと仕方ありません
ストーカーじゃないんでね(笑)

他人に嫌われている人というのは、実は、
ものすごく他人に好かれたいという気持ちが強い人
ではないかと思います
強すぎて、強すぎて、強すぎて、強すぎて、
他人に好かれたいと思っている状況を選択しているのではないでしょうか
つまり他人に嫌われていないと「他人に好かれたい」と思う状況は存在しないわけです
これが選択です
この話は、「お金が欲しい」と思うと、「お金が欲しいと思う状況」=「お金がない状況」を引き寄せるなんて言われ方をします
みなさんもご存知でしょう
そこで「お金は空からどんどん降って来ている」なんて、自分でも到底信じられないようなアファメーションを作ってみたりするわけです
やったことあるんじゃない??(笑)

また、様々な成功本には「お金は他人がもたらす」「周りの人といい関係を」なんて書いてありますが、他人との関係を他人の選択に任せいてる限りは、こう言うことをいくら聞いても読んでも頭で分かったつもりになっても無駄だと思います

ここの大元の部分の選択、
「他人に好かれたい」じゃなくて、自分で誰を好きかを選択する
と言う選択権を取り戻してからでなければ、うまくはいかないのではないかと思うのです
そういうことで「最大の障害」とお話しているわけです

人間のゲームは設定の問題だという話が最近好きです
自分で設定したとおりになるという話ですが、この設定をするうえでも、まずはこの「最大の障害」を取り除いてからでなければ、いくら新しい設定を頑張ってしてみても仕方ないような気がします

この最大の障害を克服して、孫さんだろうが、ビルゲイツだろうが、好きなものになる設定をしてください!(笑)

好きかどうかは自分が決める!
自分が好かれるかどうかは相手の問題
こうして選択権を取り戻したところが成功と言う選択をするスタート地点です
ここから人生の設定ゲームを始めてください

・・・うまいことまとまってホッとしたわ~

      f:id:sofatrader:20160629121736g:plain
引き寄せも多分、この手順を踏まないと面白い結果にはならないんじゃないかな。。。。