ごろごろトレーダー

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

ポンドの指標の時の組み合わせ

皆さんご無沙汰しております
無事に沖縄の台風から避難して本州におります
でもこっちにも来そうだな・・・・すごい進路ですね
わたしと同じで台風さんも半島と大陸が嫌いなのでしょう(笑)

f:id:sofatrader:20170913180348g:plain

さて指標の時はショートを指すというお話を先日しました


これは「ドルの指標の時」のお話でしたが、では
「ポンドの指標の時にはどの組み合わせでショートを指すか」
というお話をしたいと思います

もちろん第一にはGBPUSDなわけですが、GBPUSDにショートを指すということは、すなわち「ポンドの指標が悪い」ということになるわけです
では「ポンドの指標がいい時」にはどれにショートを指しておけばいいのか・・・・
それはEURGBPでいいような気がしてきました

ちょうど今のイギリスの失業率でポンドは下げておりますので、GBPUSDは下がっていますが、逆にEURGBPは上げております
・・・と、言うことは、ポンドの指標が良ければEURGBPは下げるということになりそうです
(今、思いついたのでこれを書いているだけで検証はこれから)

なぜショートで指そうとするのか・・・・
これについては前回の記事に書いてあります

ですから、ポンドの指標の時には
 GBPUSDにショート
 EURGBPにショート
この組み合わせで行けそうです

EURGBPもなかなかいいなぁ~
何年か前に検証したことがありますが、その時にはあまりいい印象はなかったのですが・・・・
今ちらっと見ただけですが、スプレッドもAXIORYでGBPUSDより狭いじゃないの
そして何よりボラがあるのがいいわねぇ~
これ、もしかするとメインにも使えるかも知れんなぁ~と思っているところです

        f:id:sofatrader:20161214155015j:plain