ごろごろトレーダー

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

指標トレードの基本

指標トレードの基本は。。。
ショートで逆指値!!

今回の雇用統計の場合は
ドル円ショート逆指値
・ユーロドルショート逆指値
このセットが基本になります

雇用統計が良かったら、ユーロドルのショートが約定します
雇用統計が悪かったら、ドル円のショートが約定します

なぜショートなのか?
それは・・・
スプレッドが関係ないから

通常スプレッドが開く場合は、
ASK(買い)の方が広くなるからです
BID(売り)の方は開きません
※MT4のチャートはBIDで出来ていますので分かりやすいと思います

そうすると買いで指していると、誤ってスプレッドで約定してしまうことがあるわけです
ところがBIDはスプレッドが開きませんので、スプレッドの開きのせいで誤って約定するということはありません
そして利食いできる頃にはスプレッドも戻っていますので、買い戻しも困りません。。。。。残念ながら海外のブローカーのみです
国内のブローカーはなかなかスプレッドが戻らないので、買い戻しのチャンスを逃す可能性はあります

ってことで、指標トレードはAXIORYということになるわけです