読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろごろトレーダー

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

権利を与えるとどうなるか

正確に言うと
元々ない権利を人に与えた場合、人はどういう反応を示すのか
ということです

これは世界の頂点に立つ、我々トレーダーは常に考えておかねばなりません
言い過ぎだな・・・(笑)

まず例としては、人として扱われなかった人に人権を与えて、人間は平等であるという権利を与えた場合
あれくれ、これくれ、差別されている被害者だぞと権利を主張しだします
日本でもあります
隣の国もそうです

カンタンな結論を言うと、
権利など簡単に与えてはいけない
と言うことになります

そりゃ冷静に考えるならば、
人間はみな平等に仲良くということになるわけですが、
元々持っていない権利を与えられた人々は、この権利を乱用する傾向が強いです

それが発展しますと。。。。
痴漢だと疑われた男性が線路に逃げなければならなくなります
これは元々なかった権利を女性に認めたために起こっている面があります
「男性と同じ車両に乗るのは気持ち悪い」
とまで言う勘違いした女まで出てきます
は????
と言いたいですわねぇ~
勘違いも甚だしいわけです

また、受動喫煙についてもそうです
声高に「喫煙者は犯罪者と同じだ」などという人が増えています
こういう勘違いを犯すレベルの人間に権利を与えると、ろくなことになりません
歴史的に見てもそう言えるのではないでしょうか

そもそも10数年くらい前まではバスの中でも電車の中でもタバコは吸えたのです
その時からずっとそんなことを言ってる人が居ましたか?
急に増えて来たでしょ
調子乗り過ぎです

そもそも・・・・
タバコの煙は吸っても死にませんが、車の排気ガスは直接吸うと死ぬんですけど。。。。「タバコの煙の前に車を禁止しよう」とは誰も言わないわけです
「タバコの煙がぁぁぁ~」と言っている人も車をブンブン乗り回しているわけです
こういう矛盾に我々世界を俯瞰するトレーダーは気付こうではありませんか

大スポンサーである自動車メーカーの存続を脅かすような論調は出てこないわけです
つまり。。。TVなどで言わないから「タバコの煙がぁぁぁ」の人は思いもしないわけですが、タバコの煙が体に悪くて真剣に考えているなら、もっと先に自動車を絶滅しなければならないわけです
こう考えますと、「タバコの煙がぁぁぁ」の人たちは単に時流に流されているだけの権利の乱用者であると言うことが出来ます

もちろん喫煙者のマナーは高めるべきだし、このご時世、喫煙所だけで吸うようにした方がいいとは思いますが、あまりに極端な嫌煙と言うのは、低レベルな権利の乱用者と言わざるを得ません

我々トレーダーはそのようなことに流されてはいけないわけです
・・・無理やりの結論でした~(笑)