読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろごろトレーダー

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

ソファーでごろごろ寝転がってトレードするナマケモノ

トレードで成功するための思考法~夢も希望も捨てろ!!

過激な表題からスタート。。。。
本当はこれが結論なんだけどな~~
今から「夢も希望もない」話をします(笑)

トレーダーが陥りがちな思考パターンから抜け出そう!

こんな経験はありませんか?
投資や事業などである程度のお金を貯めて、
「よし!ここから本番だ!いよいよ儲けてやるぞ!」
と思ったところが天井だった。。。。なんて。
これまでうまく行っていたことが、突如としてうまく行かなくなってきたりします。
はい。。。ごろごろトレーダーも何度もそういう目にあいました。
何度考えても、やっぱりそう考えたところが天井になってしまうパターンばかりです
それまで耐えて耐えてやっとここまで来て、さぁ今からオイシイところをいただこうと思ったところから下り坂になりました

投資においてはみんな「儲けたい」と思ってやっているわけで、実はその時点でもう儲からない思考になっているというお話です

「儲けたい」と思うと「儲からない」カラクリ

ついにこのカラクリを解明しました!(笑)
例えば。。。。
「お金が欲しい」と思うとします
どうして「お金が欲しい」と思うのでしょうか?
答えは簡単です
「お金がない」から「お金が欲しい」と思うわけです

では、10億円ほど持っている時にはどう思うでしょうか?
お金がない時と同様の気持ち(感情)で「お金が欲しい」と思うでしょうか?
「お金が欲しい」と思ったとしても、そんなに切実ではなく軽い気持ちで余裕すらあるのではないでしょうか
もしくは単に「ちびっとばかしのお金はあるなぁ」とか、「お金はあるんだ」と思うか

つまり、「お金が欲しい」という願いが出て来るには
なんと!!!!
お金がないことが前提なのでありました!

「お金がない」という現実を維持しなければ「お金が欲しい」という願いは維持できません
ですから「お金が欲しい」と強く願えば願うほど、「お金がない」現実を維持し続けてしまいます

「儲けたい」も同じことです

「儲かっていない」という前提があるから、もしくは自分でそう思っているから「儲けたい」とか「儲けよう」と思うわけです
つまり、「儲かっていない」という前提条件が存在しなければ「儲けたい」という願い(思考)も維持できないすわけです

ところが、やたらめったら呪文のように
儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい 儲けたい
と思っているわけです
儲かるはずがありません(笑)
それは「儲かっていない」という前提条件も一緒に強化しているからです

こういうことを何度も経験していると、そろそろ仕組みに気づいてくるわけです
出来ればもっと早く気づきたかったけどね。。。。。

これは単に「願い方を変えましょう」という話ではありません
・願えば叶う
・希望を持て
・将来の目標を持て
こんな大ウソを教えられてきて、「願わないといけないんだ、願わないとかなわないんだ」と思い込んでいる我々にとっては根本から思考を変えなければならないという話になって来ます

ですから小手先のテクニックは通用しません
〇〇の法則だとか、この話と似てはいますが「完了形で願おう」だとか、そもそも願う時点で同じなのです

夢も希望も捨てろ!!

これが正しい話です。
無茶苦茶になって来ましたが、これ、本当です

「絶望した時に急に夢が叶った」という話をよく聞きます

これは本当です!!
ごろごろトレーダーも経験しました
絶望=夢も希望も絶たれた状態
つまり、この時点で夢も希望もなくなっているわけです
だから、急に叶ったりします
だけど。。。
絶望するまで待っておくというのもいかがなものでしょうか?(笑)
出来れば絶望する前に「夢や希望」は持たないようにしておく練習をしたほうがよかないか?
絶望はつらいよ~~出来れば絶望する前に対処されることをオススメいたします

あと数日でお正月ですから、みなさん神社に初詣に行かれると思いますが、
くれぐれも・・・
「FXで儲かりますように」
などと「儲かっていない前提を強化する祈り」はおやめください

f:id:sofatrader:20160615221005j:plain

こうならないように・・・・(笑)